ゲームと現実を混同して前向きに生きよう!

はじめに
キャラクター作成
技能の設定
実際の応用例
例:女の子への告白
キャラクターの成長
狂気について
よろこびのお便り
著者/リンク
《資料》「クトゥルフ神話TRPG」




「ゲームと現実を混同するのは本当にイケナイこと?」

 昨今、森 昭雄博士の「ゲーム脳の恐怖」などをはじめ、ゲームに対する社会の弾圧は、より一層深刻なものとなっています。そんな状況を私たちゲーマーは苦々しい思いで受け止めているのですが、ゲームを悪と断定する風潮は止まるところを知らず、ゲーム業界への規制など、ゲームへの風当たりは益々強くなる一方です。

 ゲーム弾圧派の彼らの言い分の中で、もっとも良く聞く物が、「ゲームばかりしていると、ゲームと現実を混同してしまい、ゲームと同様の暴力行為や反社会的行為を現実で行うようになる」というものです。死んでしまったカブトムシに対して、子供が「リセットボタンを押せば生き返るよ」と言った都市伝説も有名ですよね。ゲームばかりしている子供は、ゲームと同じように命を軽視するようになり、生物が死んでもリセットボタンで解決できると思ってしまう、よってゲームは悪だ、彼らはそう言いたいのでしょう。

 しかし、私はゲームを愛するいちゲーマーの立場として、彼らの言い分に断固としてNO!と叫びたい。ゲームと現実を混同して一体何が悪いのでしょうか! 彼らは、ゲームと現実を混同する、その負の側面しか見ていないのです。私たちゲーマーは、ゲームと現実を混同することにより、様々な恩恵を得ています。彼らはゲームを悪と断定したいばかりに、ゲームと現実を混同する様々な利点から目を逸らし続けているのです。

 このサイトには、ゲームと現実を混同することで前向きに生きるためのヒントが書かれています。ゲームと現実を混同することは、私たちゲーマーの人生にとって最も大切なテクニックといえるでしょう。ゲームと現実を混同することで、受験戦争、肥満、引きこもり、ニートなど、様々な問題が解決可能なのです。

 みなさんが、ゲームと現実を混同することで、より良い人生を手にすることを願っています。

 著者


はじめに / キャラクター作成 / 技能の設定 / 実際の応用例 / 応用例(女の子への告白)
キャラクターの成長 / 狂気について / よろこびのお便り / 著者・リンク
Copyright(c)2007 Cagami Kyousuke. All rights reserved.